株式投資の天国と地獄

株式投資の面白さとバイナリーオプション

株式投資というと難しいイメージやリスクが高いイメージがあるかもしれません。たしかに、株式投資に答えはありません。専門家でさえ思いもしなかった変動をみせるときがあります。そこが株式投資の面白さとも言えます。

初めは右も左もわからなくても、徐々にコツを掴んで、仮説を立てながら検証する。自分なりのセオリーを導き出して、それが当たったときに爽快感と言ったら、格別です。株式投資は市場との戦いとも言えますし、自分との戦いとも言えるでしょう。

どうしても敷居が高く感じてしまう方には、バイナリーオプションでの株式投資を体験してみることをおすすめします。バイナリーオプションというと、FXのイメージが強いかもしれませんが、株価の変動を取り扱う業者も多くなっています。バイナリーオプションは、数分後の価格が高くなっているか低くなっているかを当てるだけですし、少額で始められますから、初心者向きとも言えます。

株式投資再び

以前、新興市場バブルの時に株に少し手を出したことがあります。当時は、新興市場は見事に右肩上がりで私も素人の癖に、なんか簡単に儲けれるんじゃないかと思い手を出した結果、ご存知の通り新興バブルがはじけて痛い目にあいました。

 今思えば、あんなに初心者でよくもまあ新興株なんかに手を出したなと、我ながらその無謀振りにはあきれます。そこで懲りて、株式投資には手を出していなかったのですが、最近また株価が上がり始めているのでやってみようかなという気になっています。

 前回の失敗を踏まえて、簡単に儲かるなんてことは考えずに、長期的にみた株式投資が出来ればいいなと思います。そのためには企業分析や政治・海外の動向なんかもしっかり見ていく必要もあるでしょう。今度は慎重に慎重を重ねてリスクも十分判断した上で参戦しようかなと思っています。

最近株価がすごいことになってますが

最近、株でいくら儲かったなどという景気のいい話をよく耳にします。私もこの株の好況にあやかろうと思い、最近ネット証券の口座を開設しました。
ITバブルですこぶる景気の良かった十年ほど前にも株が右肩上がりで景気のいい話で巷は盛り上がっていましたね。

私は当時、社会人になりたてのころで、種銭もなく、指をくわえてみていたたちですが、十年後しにやってきたこのチャンスを逃がすわけにはいきません!今度こそは私も株で美味しい思いをしてやろうと心に決めています。

ただ、素人なのでどういう銘柄を買っていいのかまるでわからず、とりあえず知ってるメーカーや銀行などを中心にポチポチ買っています。嫁はあまりいい顔しませんがお小遣いの範囲でやるならということで了解も得ています。儲かったら夫婦で海外旅行にでもいきたいなぁと思う今日このごろです。

株主優待実施企業

株式投資と一口に言っても純粋に株の売買差益を狙うものよりも、最近では株主優待をもらいながら株を長く保有している人もいるようです。

近頃テレビではたくさんの株を保有し、株主優待を活用する人を取り上げる特集の番組がやっていました。私は株主優待はお菓子のおまけの玩具みたいなものと思い、投資先の企業が株主優待を実施していようが、していまいが関係なく投資先の企業を選んでいました。私は、株主優待を実施している企業の株価が株主優待により影響をあえられることは、軽微に過ぎないと思っていましたし、むしろ株主優待を出すならば配当金をより多く出して欲しいとさえ思っていました。

しかし、書店に行っても株式投資コーナーの中で株主優待コーナーができるまで、株主優待関連の書籍が多く書店の店頭に置かれるようになり、私も遅ればせながら株主優待に少々興味を持ち始めました。

株式投資再び

以前、新興市場バブルの時に株に少し手を出したことがあります。当時は、新興市場は見事に右肩上がりで私も素人の癖に、なんか簡単に儲けれるんじゃないかと思い手を出した結果、ご存知の通り新興バブルがはじけて痛い目にあいました。

 今思えば、あんなに初心者でよくもまあ新興株なんかに手を出したなと、我ながらその無謀振りにはあきれます。そこで懲りて、株式投資には手を出していなかったのですが、最近また株価が上がり始めているのでやってみようかなという気になっています。

 前回の失敗を踏まえて、簡単に儲かるなんてことは考えずに、長期的にみた株式投資が出来ればいいなと思います。そのためには企業分析や政治・海外の動向なんかもしっかり見ていく必要もあるでしょう。今度は慎重に慎重を重ねてリスクも十分判断した上で参戦しようかなと思っています。

最近株価がすごいことになってますが

最近、株でいくら儲かったなどという景気のいい話をよく耳にします。私もこの株の好況にあやかろうと思い、最近ネット証券の口座を開設しました。
ITバブルですこぶる景気の良かった十年ほど前にも株が右肩上がりで景気のいい話で巷は盛り上がっていましたね。

私は当時、社会人になりたてのころで、種銭もなく、指をくわえてみていたたちですが、十年後しにやってきたこのチャンスを逃がすわけにはいきません!今度こそは私も株で美味しい思いをしてやろうと心に決めています。

ただ、素人なのでどういう銘柄を買っていいのかまるでわからず、とりあえず知ってるメーカーや銀行などを中心にポチポチ買っています。嫁はあまりいい顔しませんがお小遣いの範囲でやるならということで了解も得ています。儲かったら夫婦で海外旅行にでもいきたいなぁと思う今日このごろです。

株主優待実施企業

株式投資と一口に言っても純粋に株の売買差益を狙うものよりも、最近では株主優待をもらいながら株を長く保有している人もいるようです。

近頃テレビではたくさんの株を保有し、株主優待を活用する人を取り上げる特集の番組がやっていました。私は株主優待はお菓子のおまけの玩具みたいなものと思い、投資先の企業が株主優待を実施していようが、していまいが関係なく投資先の企業を選んでいました。私は、株主優待を実施している企業の株価が株主優待により影響をあえられることは、軽微に過ぎないと思っていましたし、むしろ株主優待を出すならば配当金をより多く出して欲しいとさえ思っていました。

しかし、書店に行っても株式投資コーナーの中で株主優待コーナーができるまで、株主優待関連の書籍が多く書店の店頭に置かれるようになり、私も遅ればせながら株主優待に少々興味を持ち始めました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です